2006年03月08日

TUBEMAN? チューブマン? 管男?

ものすごいお久しぶりです。

この空いていた期間にかなり機材が増えましたよ。
一気に出すと書く記事が無くなるので
少しづついきます。

今日はこれ!
amp.JPG
ヒュース&ケトナーTUBEMANチューブマン
真空管内臓ギター用プリアンプです。
プリアンプって?って思う人もいるかと思いますが
細かいことは抜きです。
エフェクターと使い方が違うの?
ってお思いでしょうが、違います。
普通音を出すにはシールドをインプットに挿しますが
これはリターンってとこにさします。
(ギターアンプによって表記は違いますが)

スタジオに行って歪んだ音を出したいのに
置いてあるのがJCってことがよくありますよね。
エフェクターで歪ませてもいいのですが
やっぱりJCでは無理があるのです。
そんなときにこれがあればJCがJCの音じゃなくなるのです。
嘘のようでほんとの話。
かなり気に入っています。

あと、アンプシュミレーターも内臓してますので
宅録やってる人もライン録りでつかえますよ。

音の好みは人それぞれですが、
このチューブマンは低音が強く粒の細かい歪み
とでも表現しましょうか。
オイラの好きなB−DASHのGONGONさんも
ここのアンプを使ってるので少しは近い音がだせるかなと。

もちろんクリーンもかなりおすすめです。
歪み系のエフェクターで満足のいかない人は
一度試してみる価値ありです。



【超特価】 ヒュース&ケトナー 真空管搭載 チューブマン II

36,500円

レコーディング対応の高品質なチューブ・プリアンプ。
フットスイッチ切替えの3ch仕様で、クリーン、クランチ、オーバードライヴと、
多彩な音づくりを実現。チャンネル3には、VOICINGコントロールを装備して、
様々なトーン・セッティングが可能。マスターボリューム、3バンドEQ、
キャビネット・シミュレーターなど、万全のスペックだ。
(このモデルは、ブルーに光るニュータイプです!!)
posted by take at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: レコーディング対応の高品位なチューブプリアンプ。フットスイッチ切替の3chで、クリーン、クランチ、オーバードライブと、多彩な音づくりを実現。キャビネット・シュミレーター、3バンドイコライザーなど万全の..
Weblog: ギターアンプがすごくよかった
Tracked: 2007-07-21 11:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。