2005年06月10日

才能

才能について考えてみた

才能ってさ結局誰にでもあるんだよね
いきなり結論になったけど

なんか誰でも言ってるキレイ事みたいだけど
みんな難しく考えすぎなんだよね

だってさ世界中に自分って一人じゃん?
ってことはさ、自分と全く同じことが出来る人っていないわけじゃん
自分しか出来ない動作・考えがあるはずなんだよ

ただその才能が目立つか目立たないかってだけ

絶対に自分が世界一のものがあるってこと

ただその事を確認することは不可能なんだよね
だって世界中の人がそれしなきゃなんないじゃん
だから今世界一って言われてる人って
実は『世界一かも』
なんだよね

例えばオリンピック100m走で優勝しても
それは100m走を知っていて
100m走のトレーニングをした人の中で一番なだけで
世界中には100m走って競技自体知らない人もいるわけで
世界中の人がみんな同じトレーニングをしたら
違う結果になると思うよ
要するに今色んな世界一があるけど
それは目に見えるものを比べてるだけで
才能ってのは比べられないんだよ

世界一の人がニセモノって言ってるみたいで怒られそうだけど
別にそうゆう意味で言ってるんじゃなく
もしかしたら自分もって事
べつに100m走に限らず

なんか話が大きくなって余計に分かりにくくなったけど
高橋名人の16連射!(知らない人はすいません)
世界中で何人の人が計った事がある?
もしそれを世界中の人がやったら?
絶対他の人だと思わない?
こんな例えしか思い浮かばない。
分かりにくいかなぁ?

ようするに俺の言いたいのは
みんな(俺も含め)自分は何の一番かって分からないだけ
分からないって言うか比べようがないってわけ
さっきから一番とか書いてるけど
実際才能に順位はつけられないけどね

だってさ 俺ギター中学ん時からやってるけど
今ガキんちょの超うめぇギタリストいるじゃん
あのガキんちょと俺は比べられないんだよね(明らかに負けてるけど)
ハンディ有りすぎじゃん
俺が3歳からギター始めてたら
どうなってたか誰も分からないじゃん。
めちゃめちゃ上手くなってるか今と変わらないかどっちかしかないんだから

今、ふと自分の書いた事の間違いに気付いたけど
ギターの才能って言っても幅が広すぎるんだよね
だってさ ギターにはいろいろなテクニック・音使いもあるし
右手、左手、指10本に肘、肩
動くとこいっぱいあるじゃん
だから俺の才能は右手の小指って人もいるわけ

なんか話がグダグダになってきたけど
分かってもらえたかな
まぁ俺論だから分からなくてもいいんだけど

疲れてきたから適当にまとめたら

自分の動作・思想は自分にしかないから
才能ってのは自分自身なんだよ
自分が運動音痴って思ってる人も
頭悪いって思ってる人も
音感がないって思ってる人も
絵が下手な人も
その事自体が才能なんだよ
○○の才能がないっていうのは
○○の才能が無い才能なんだよね
posted by take at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ジャンルって…

俺、基本的に音楽をジャンルで分けるのは好きじゃないんだよね
音楽自体にジャンルがあるなら
化粧したビジュアル系と呼ばれてるバンドが
ブルーハーツの曲を歌ったら
それは何系だ?
頭がモヒカンでツンツンのパンクバンドと呼ばれるバンドが
モーニング娘を歌ったら?

大体POPSって何だ?
ポピュラーミュージックの意味のはず(多分)
そもそもポピュラーかポピュラーじゃないかは誰が決めるんだ?
じゃぁ演歌もPOPSか?

俺が思うジャンルってのは聞く人の判断なんだよね。
簡単な事なんだよね。

パンクロックが好きなんだけど
その基準は歌詞なんだよね。
だから洋楽のパンクって言われてる曲はパンクって思わないんだよね。
だって歌詞の意味分からないじゃん?
歌詞カードの日本語訳見て始めてパンクって思うわけ。
女王様万歳ってね。

だからオーケストラをバックにリンダリンダ歌ってもパンクなんだよね。
三味線日本発狂歌ってもやっぱりパンクなんだよね。
コード進行楽器編成、ましてやメロディーなんかでジャンル分けは出来ないんだよね。

だから俺の好きなアーティストって全部パンクなんだよね。

posted by take at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。